Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第7章 エピソード6
バッグの中を見せたら全部バレちゃう。

『見せられないの?』

男の子が厭らしい笑みを浮かべた。

「・・・。」

瞳の奥が笑っていないその笑顔を見て私は気付いた。

・・この人は私の嘘に気付いてる・・よね?

それなのに、敢えて気付かないフリをしている理由は?

私が慌てる姿を見て楽しんでいるとか?

私を少しずつ追い詰めるのが楽しいとか?

いずれにしても、普通の思考じゃない。

それは、私には到底理解出来ないもので・・・。

『何も答えないって事は見てもいいって事だよね?』

どうしてそういう結論が出るのかも、私には到底理解出来ない。

大体、人のバッグの中を見ていい訳がない。

仲のいい友達同士でもそんな事しないのに・・・。

なんで初対面のこの人達にバッグの中を見せないといけないの?

洗脳が解けるように、まともな思考能力を取り戻した私。

・・だけど・・・。

そう気付いた時にはもう遅かった。

私のバッグに向かって男の子の手が伸びてくる。

「・・ちょっ!!」

私は慌ててバッグに突っ込んでいる手とは反対の手で

バッグの取っ手を掴んだ。

『なんで今更、抵抗してんの?』

「・・イヤッ!!」

『大人しく見せなよ。』

平然と表情を変える事なく言葉を吐き出す男の子を私は怖いと思った。

寒くもないのに全身には鳥肌が立ち

足が震える。

『いい加減、手を放しなよ。』

「・・いや・・・。」

大きな声で拒否したいのに思うように声が出ない。
53
最初 前へ 50515253545556 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ