Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第7章 エピソード6
・・なんでだろう?

なんかものすごく嫌な予感がする。

「・・お金ですか?」

思い付いた事を恐る恐る口にすると・・・。

『金?あぁ、もしかして慰謝料の事?君、金持ってんの?』

・・お金・・・。

えっと確かお財布の中には一万円くらい入ってたはずだけど・・・。

お給料日まであと・・5日だから・・・。

ダメだ!!

これは使えない。

もし使ったら明日からご飯が食べれなくなっちゃう!!

「・・持ってません。」

『持ってないなら払えないじゃん。』

「・・ですよね。」

『やっぱりコイツ俺らの事バカにしてんじゃん。』

再び感情を爆発させた男の子がイライラした口調で私を睨む。

そんな男の子の肩を宥めるように叩いた男の子が

表情を変える事なく口を開いた。

『別に俺らは金が欲しい訳じゃねぇんだよ。』

「・・そうなんですか?」

『あぁ。』

「じゃあ、私はどうすればいいんですか?」

『番号。』

「番号?」

『ケイタイの番号を教えて。』

「・・はい?」

『今日は俺達忙しくて無理だけど今度遊ぼうよ。それで今回の事はチャラって事で。』

それは私にとって気の抜けるような提案だった。

49
最初 前へ 46474849505152 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ