Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第7章 エピソード6
『ここんとこ。青痣になっててすげぇ痛いんだよ。』

そう言って男の子が指差したのは膝の少し下辺りだった。

・・あれ?

さっきは足首辺りだったと思うんだけど・・・。

男の子が指差した先を見ても青痣なんて無いのに・・・。

『うわっ!!ひでぇ!!』

『めっちゃ痛そう!!』

男の子達はこっちがびっくりするくらいのリアクションをとってて・・・。

・・もしかしたら、光の加減で私には見えないのかもしれない・・・。

そう思った私は角度を変えながら覗き込んだけど

やっぱり分からなかった。

なんでこの人達には見えるのに私には見えないんだろう?

私が首を傾げていると・・・。

『さて、お姉さん。』

私に石をぶつけられてかなり痛いらしい男の子が捲り上げていたジーンズを下ろして、

ベンチに座っている私の正面にしゃがみ込んだ。

・・お姉さんって私の事だよね?

辺りを見渡してみても周辺に女の人なんていないし、

状況的に自分の事だと悟った私は

「はい?」

バイトですっかり癖になっている営業スマイルを浮かべながら答えた。

『俺、お姉さんの所為でケガしちゃったんだよね。』

「そうみたいですね。」

『・・・。』

「・・・?」

46
最初 前へ 43444546474849 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ