Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第7章 エピソード6
「お前は動くな。」

「・・はい?」

「そのうち絶対に大ケガすんぞ。」

なんでマサトさんがそんな事を言うのかはわからないけど・・・。

あまりにもマサトさんの表情が真剣だったから

私は大きく頷いた。

「・・よし。」

満足そうに呟いたマサトさんが私の頭から手を離し立ち上がった。

その動きを見つめている私に

「いいか?俺が戻るまで絶対にそこから動くなよ?」

「えっ!?う・・うん。」

「絶対だぞ?」

「・・うん。」

しつこいくらいに念をおしたマサトさんは、まだ何かを言いたそうにしてたけど

全く状況が飲み込めていない私の顔を見てその言葉を飲み込んだ。

・・・?

マサトさんが自販機に向かって歩き出し、私はその背中を見つめていた。

言葉の意味は分からないけど・・・。

私はここから動いてはいけないらしい。

あれだけ何度も言われたんだから大人しく待ってないと・・・。

私は足下に転がっている小石を蹴った。


軽く蹴ったつもりだったけど・・・。

思いの外、足に力が入っていたらしく、

私の足によって勢いをつけた小石は見事なくらい飛んだ。

勢いをつけて飛んだ石は近くを歩いていた人の足に当たり地面に落ちた。
44
最初 前へ 41424344454647 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ