Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第7章 エピソード6
「・・はい?」

至近距離にあるマサトさんの顔に少しだけ緊張してしまう。

「その体勢、キツくねぇーか?」

「・・結構キツいですね。」

「だったら、早く体勢を戻せよ。」

「そうしたいのは山々なんですけど・・・。」

「・・・?」

マサトさんの指摘通りこの体勢はかなりキツい。

頭を低くしている所為で血は上ってくるし、

曲げている腰も、伸ばしている腕もかなり痛い。

「どっちから拾おうか迷ってて・・・。」

私がそう伝えるとマサトさんの視線が動いた。

5円玉と財布と私の顔を順番に見たマサトさんは

呆れ果てたように溜め息を吐いた。

それから、マサトさんは私の肩を掴むと少しだけ力を込めて身体を起こし

手早く財布と5円玉を拾った。

そして、拾い集めた小銭を財布の小銭入れに全部入れるとご丁寧にファスナーまで閉めて、

その財布を私のバックに突っ込んだ。

「・・ありがとう・・ございます・・・。」

結局、全てをマサトさんにやってもらった私は申し訳なく思いながらお礼を言った。

「・・別に・・・。」

私のお礼の言葉にマサトさんはぶっきらぼうに答え

「で?」

何とも短い言葉を放った。

42
最初 前へ 39404142434445 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ