Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第7章 エピソード6
疑問の答えを見つけようと瞬きも忘れて大きな手を見ていた私は、

自分が落とした小銭を拾わないといけないという事も忘れてしまっていた。

・・あっ!!

私がその事に気付いたのは、マサトさんがほとんどの小銭を拾い集め

残りは私の正面、このまま手を伸ばしたら届く所にある5円玉だけになった時だった。

せめてそれくらいは自分で拾おうと思った私は何も考えずに

ベンチに座ったまま咄嗟に手を伸ばした。

5円玉まで、あと数ミリって所で私の身体はまたしても動きを止めた。

・・止めたと言うより止まったといった方が正しいかもしれない。

それは、地面に何かが落ちる音が響いたからで・・・。

私はその音の原因を探るために視線を動かし・・・。

大きな溜め息を吐き出した。

私の財布が地面に落ちている。

いつの間にか私は手に持っていた財布を膝の上に置いたらしい・・・。

それさえも気付けなかった私は

今度は財布を落とすというまさかのミスを犯してしまった。

5円玉に手を伸ばしたまま財布を見つめる私。

真っ白になった私はどっちを先に拾えばいいのか分からなくなり

その体勢のまま固まった。

「・・おい。」

その声に恐る恐る視線を動かすと・・・。

小銭を拾う為にしゃがみ込んでいたマサトさんと瞳がバッチリ合った。

41
最初 前へ 38394041424344 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ