Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第7章 エピソード6
マサトさんは、ゆっくりとその場にしゃがみ込むと私の足下に落ちている大量の小銭を拾い始めた。

「・・落としちゃった・・・。」

「・・だな。」

一目瞭然の状況をわざわざ説明した私にマサトさん苦笑気味に頷いた

大きな手が次々と小銭を集めていく。

その手に私は見惚れていた。

自分で言うのもなんだけど・・・。

私は器用ではない。

どちらかと言えば不器用な方に分類されると思う。

初めての事に慣れるまでに普通の人の倍以上の時間が掛かるし・・・。

何度もやっている事でも慎重にやらないとすぐに失敗する。

さっきみたいに財布から小銭を取り出す時みたいに・・・。

昨日、バックの中身をぶちまけたように・・・。

料理をしたら絶対って言ってもいいくらいに指を切ったり火傷をしたりするし・・・。

きっと落ちている小銭を拾うだけでもかなりの時間が掛かるはず。

絶対にこんなに素早く拾う事なんて出来ない。

マサトさんの手はとても大きくて私の手の何倍もありそうなのに・・・。

指だって太くてゴツゴツしてるのに・・・。

どうしてそんな手で小さな小銭をこんなに早く拾い始める事が出来るんだろう?

そんな疑問が頭の中に浮かんだ。
40
最初 前へ 37383940414243 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ