Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第7章 エピソード6
財布の中に入っていた小銭を全てぶちまけてしまった。

勢い良く地面に着地した小銭達は、固まる私を他所に四方八方に転がっていく。

こんな時に限って財布にはたくさんの小銭が入っていて・・・。

出勤前にコンビニで買い物をしたお釣りは500円玉が入ってなくて100円玉ばかりだったし・・・。

本当なら100円玉で貰えるはずだったのに1円玉が1枚足りなかった所為で大量の10円玉と1円玉で却ってきたり・・・。

その所為で、今日はいつも以上に私の財布ばずっしりと重くなっていた。

早く拾わないと・・・。

頭ではそう思うのに、私の身体は全く動かなくて・・・

足下に転がっている1円玉が『早く拾え!!』と言わんばかりにキラキラと鈍い光を放ち

その存在をイヤミなくらいに主張してくる。

・・分かってるって・・・。

拾ってあげたいのは山々なんだけど・・・。

身体が動かないのよ!!

心の中で1円玉と会話をする私は相当テンパっていたんだと思う。

そんな危ない人丸出しの私の耳に落ちてきたのは失笑するような声。

その微かな息遣いのような音に地面から顔を上げると

その人は、厳つい顔を優しく崩して私を見下ろしていた。

「・・あっ・・・。」

何て言っていいのか分からなくて言葉は出てこなかったけど

その優しい笑顔につられて引きつっていた私の顔も緩んだ。

「・・なにやってんだよ?」

呆れたような言葉とは正反対の口調。
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ