Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第7章 エピソード6
「飲み物だよ。」

そう言って近くにあった自販機を顎で指した。

・・『何がいい?』

・・『飲み物だよ。』

・・自販機。

マサトさんの言動を纏めると・・・。

どうやら、マサトさんは私にジュースを買って来てくれようとしているらしく・・・。

やっとそう理解出来た私は慌ててバックから財布を取り出した。

・・お金を出さなきゃ・・・。

正直、私の喉はカラカラだった。

それは、多分今までにないくらいの緊張をしたせいで・・・。

なんでもいいからとりあえず喉に流し込みたい。

そんな私にマサトさんの提案は飛び付くに値するものだった。

小銭を出そうと焦った私は、緊張感の残る指で財布の小銭入れを開けた。

そこまでは良かったけど・・・。

焦り過ぎた所為か・・・。

緊張で指が震えていた所為か・・・。

「・・あっ!!」

そう短い言葉を発した直後、辺りには小銭が地面に落ちる音が派手に響いた。

・・また、やってしまった・・・。

私は全身から血の気が引いた。

38
最初 前へ 35363738394041 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ