Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第6章 エピソード5
それから、ゆっくりと駅の方へ向かって歩き出した時、

「・・ヒナ。」

誰かが私の名前を呼ぶ声が聞こえたような気がした。

その声は、低くて甘い。

週末の繁華街に溢れる様々な音。


決して大きな声じゃないのにその音達に埋もれる事なく私の耳に響いた。

反射的に声が聞こえた方を振り返って後悔した。

そこにいたのは、どう見てもガラの悪い集団。

深夜の繁華街ではよく見かける人種。

その若い男の子達は鋭い眼付きと独特の雰囲気を纏っている。

よく見かけるけど、私とは別世界の人達。

同じ空間にいても、私とその人達の間には、見えない境界線が存在する。

私もその人達も境界線を超える事は許されないはず・・・。

それが、住む世界が違う私達が同じ街で共存していける暗黙の条件。

32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ