Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第15章 エピソード14
「私が打ち込むんで、読み上げてもらってもいいですか」

「あぁ、頼む」

店長が座っていた席を空けてくれたから、私はそこに腰を降ろした。

その席から1つ椅子を空けて店長は座った。

店長が読み上げた数字を私が打ち込んでいく。

私の手元を見ながら

「ヒナちゃん早いね~」

感嘆の声を漏らした店長に

『私が早いんじゃなくて店長が遅すぎるんです』

とは言えず、困惑の笑みだけを浮かべていた。

◆◆◆◆◆

書類の作成は2時間弱で終わった。

店長が一体何をどう考えて“1時間”という時間を最初に提示したのかは分からないけど

「ヒナちゃん、残業手当つけとくね」

その言葉で単純な私は全てを水に流すことにした。

机の上に広げられていた書類を片付けながら

「ヒナちゃん、この後何か用事ある?」

店長は尋ねた。

「・・・いや、別に」

私は大きな背伸びをしながら答える。

「飯でも食いに行こうか?」

「え?今からですか?」

「うん」
171
最初 前へ 168169170171172173174 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ