Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第15章 エピソード14
さっき、自分でも言っていたぐらいだから

一応、私もそれは理解しているつもりだったけど・・・。

実際にキーボードを打っている店長を見た私は心底驚いた。

最初はふざけているのかと思った。

ボケて私にツッコんで欲しいのかと思った。

だけど店長の真剣な表情をみると

どうやらそうではないらしい。

彼はいつになく真剣で真面目なようで・・・。

「いつもそのくらいの早さなんですか?」

「いや、今日はマネージャーに頼れないから頑張っている方かな」

・・・。

この早さでも店長にとってみればかなり頑張っているらしい。

「マネージャーに頼る?」

「あぁ、いつもは書類関係はマネージャーに頼んで作成してもらってるんだ」

「そうなんですか?」

「うん、でも今回は今日中に提出しないといけないから頼れない」

「・・・?」

「ほら、今晩はマネージャーがシフトに入ってるだろ?」

「なるほど」

「書類の提出が明日とかでいいならマネージャーにお願いするんだけど」

「・・・ですね」

「まったく、本部も今日中なんて無茶ばっかり・・・」

「・・・」

ブツブツとグチる店長。

「大体、何で手書きじゃダメなんだよ?字が書けるんだから手書きで全然いいじゃん」

「・・・」

最早、残念を通り越して哀れに思えてきた。

「て・・・店長!!」

「うん?」

170
最初 前へ 167168169170171172173 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ