Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第15章 エピソード14
「いいえ、全然構いませんよ」

一応、私も社交辞令でそう返答する。

本当は早く帰ってマンガ本を読みたいと思っていたけど

そんな内心を私はこのバイトで身につけた営業スマイルで隠した。

「早速で悪いんだけど・・・」

目の前のノート型パソコンに視線を向けて

手元と画面を交互にポツポツとキーボードを叩いている店長。

そのパソコンの周りには何かがプリントされている書類が乱雑に広げられている。

とりあえず、私は店長室のドアを閉め

店長に近付いた。

「何をすればいいんですか?」

店長が何をしているのかさえ把握出来ていない私はそう尋ねた。

「今年、上半期分の売上を纏めて本部に提出しないといけないんだけど」

「なるほど」

私と会話をしながらも店長の視線は手元とパソコンの画面と書類を往復している。

作業中の店長をマジマジと観察していた私は1つの事実に気付いた。

「・・・あの、店長」

「うん?」

「こう言ったら、かなり失礼だとは思うんですけど・・・」

「なに?遠慮しないで言ってみて?」

「キーボード打つのかなり遅くないですか?」

「やっぱりそう思う?」

「はい、残念ながら・・・」

店長は恐ろしいくらいキーボードを打つのが遅かった。
169
最初 前へ 166167168169170171172 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ