Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第15章 エピソード14
私を見ているおば様達に助けを求めるように
視線を向けると

「ごめんね、ヒナちゃん。手伝ってあげたいのは山々だけど、旦那が帰ってくるからご飯を作らなくちゃいけないのよね」

「ウチは子供を迎えにいかないといけなくて・・・」

「私も息子が1人で留守番してるから・・・」

申し訳なさそうなおばさま達に

「い・・・いえ、全然大丈夫です!!」

そう答えてしまうのは私が長女だからかもしれない。

昔から、私は頼られたら断れなかったりする


根っからの長女体質はこんな所でも発揮されてしまうらしい。

・・・どうせ、帰っても暇だし・・・。

1時間くらいならいいかな。

そう思った私は

「分かりました」

店長に向かって頷いた。

「ありがとう、ヒナちゃん。助かるよ」

そう言ってにっこりと笑顔を見せた店長。

そんな店長を見て私は

店長は間違いなく末っ子だなと確信した。

◆◆◆◆◆

普段と同じように自分の仕事を終えた私は

受付カウンターにいるバイトの子達に挨拶をして

スタッフ専用の控え室へと向かう。

いつもなら控え室で着替えを済ませ帰るだけなんだけど

今日はそうもいかないらしい。
167
最初 前へ 164165166167168169170 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ