Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第15章 エピソード14
「ん?パソコンで文字を打つの」

・・・それって・・・

「タイピングが遅いってことですか?」

「そうそう、それ。タイピングって奴がすげぇ遅い。確か、ヒナちゃんは商業系の高校を卒業してたよな?」

「えぇ、まぁ」

「だったら、パソコンも得意だろ?」

「得意ではないですけど必要最低限には扱えると思います」

私の言葉に嬉しそうに顔を輝かせたのはカラオケボックスチェーン店の雇われ店長中村さん(28)

「だよな?もしかしてアレも出来たりする?」

「アレ?」

「画面見ながら文字を打つヤツ」

「ブラインドタッチの事ですか?」

「うん、それ」

「一応、出来ますけど・・・」

「よし、それなら決定だな」

「決定!?一体、なにが・・・」

「向井 陽菜さん、本日残業をお願いします!!」

「・・・はぁ!?」

満面の笑みを浮かべた店長は私の肩をバシバシと叩くと

私の意見を聞くこともなく、受付カウンターを出ていこうとした。

「あ・・・あの、店長!?」

「うん?」

「残業って・・・」

「ヒナちゃん、今日の夜、なんか用事があったりする?」

・・・用事!?

いや・・・用事は全くないけど・・・

むしろかなりの暇人ですけど・・・

・・・てか、なんで私!?

にこにこと笑みを絶やさない店長から、視線を逸らし周囲に視線を向けると

そこには私と店長のやり取りを苦笑気味に傍観しているパートのおば様達の姿があった。

166
最初 前へ 163164165166167168169 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ