Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第15章 エピソード14
「うん、急ぎで書類を作って本部に提出しないといけないんだ」

「それは大変ですね」

「だろ?ただでさえ事務系の仕事は苦手なのに、今日中とか絶対無理に決まってるじゃんね?」

「え!?そんなに大変なんですか?」

「う~ん、大変っていうか」

「・・・」

「苦手なんだよね」

「苦手?」

「そう、俺、パソコンの操作が苦手なんだよね」

驚きの発言をサラリとぶちかましたのは、カラオケボックスの店長をやってる中村さん(28)だった。

「・・・あの、店長」

「うん?」

「パ・・・パソコンの操作が苦手って・・・」

「うん」

「この仕事にパソコンの操作は必須ですよね?」

「うん、そうだね」

店長は意味不明な笑みを浮かべて頷いた。

その笑みは明らかに営業スマイル的な笑みに近いもので・・・。

そんな店長を私は呆然と眺めていた。

・・・パソコンの操作が苦手って・・・。

カウンターの受付業務も

在庫の管理や確認も

商品や消耗品の発注も

全てパソコンでやってるんですけど!?

それに私みたいなバイトには関係はないけど

売上げとかのお金関係の管理だって、スタッフの勤務状態だって全部コンピューター管理で店長がそれをやってるはずだと思うんですけど!?

「あっ、全然出来ない訳じゃないんだよ。頑張ればなんとかそこそこ出来るんだ」

「・・・じゃあ、頑張ってそこそこやってみてください・・・」

「今日はどんなに頑張っても無理だと思う」

「はい!?」

「時間的にどうしても間に合わない」

「え!?」

「すげぇ、遅いんだよ」

「お・・・遅い!?一体、なにが遅いんですか?」
165
最初 前へ 162163164165166167168 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ