Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第15章 エピソード14
山神の制服を見たことで思い出しそうになったあの人の事を振り払うように私はヘッドホンから聞こえている音楽の音量を一層大きくした。

山神の制服を身に纏った男の子達の背中を見送った私は再び俯き気味に歩き始めた。

周りの人達の存在を完全に遮断した私は全く気付いていなかった。

私と肩をぶつけた男の子が足を止め

記憶を辿るように私の背中を見つめていたことに・・・。

◆◆◆◆◆

山田さんの代理として昼間のシフトに入り始めて2週目の金曜日。

あと10分程で今日の勤務も終わりって頃に店長は突然お店に現れた。

「あれ?店長って今日、シフトに入ってましたっけ?」

「いや、今日は本部で会議があったからシフトには入ってないよ」

「ですよね」

「あぁ、それよりヒナちゃん」

「なんでしょうか?」

「もうすぐあがるよね?」

「はい、あと10分くらいで」

「だよね?」

意味ありげな笑みを浮かべる店長。

「・・・?」

「申し訳ないんだけど1時間程残業してくれないかな?」

「えっ? 残業・・・ですか?」
164
最初 前へ 161162163164165166167 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ