Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第15章 エピソード14
◆◆◆◆◆

久々に風邪をひいて寝込んでしまった私。

すぐ良くなると思っていたけど・・・。

実際はそんなに甘くなかった。

結局、3日間もバイトを休む羽目になってしまった。

1日目の夜に一度は下がったはずの熱が

2日目の朝にはまたあがっていた。

その日は熱を計る度にあがっていて、夕方には39度代に突入してしまった。

さすがにヤバいと思ったけど、トイレに行くだけでも精一杯だった私には

いくらマンションの隣に病院があるとは言っても1人で行くのは無理だった。

寝てるのか起きているのか・・・

意識が朦朧としていて自分でもよく分からなかった。

認識できない時間が淡々と過ぎていく。

そんな中、チャイムの音を聞いたような気もする。

それが現実か・・・。

夢なのか・・・。

それすらも分からないんだけど・・・。

完全に意識が覚醒したのは3日目の夕方近くだった。

目が覚めて、しばらくぼんやりと白い天井を眺めていた私は

「・・・お店に連絡しないと・・・」

ケイタイを掴んだ。

力の入らない指でボタンを操作し、ケイタイを耳に当てる。

数回のコールが鳴った後、聞こえてきたのはやっぱり店長の声だった。

少し掠れた声で

「お疲れさまです」

そう告げると

『ヒナちゃん、大丈夫?』
146
最初 前へ 143144145146147148149 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ