Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第15章 エピソード14
社会人の私と高校生のマサト。

そんな私達が関わり合う事自体が間違っていたのかもしれない。

マサトとの出会いはきっと神様のイタズラだったんだ。

・・・うん、そうに違いない。

本当に神様も意地悪なんだから・・・。

私は小さな溜息を1つこぼした。

きっと私は平凡にこの先も生きて行くに違いないんだ。

もしかしたら、そんな私に神様は“刺激”という名のプレゼントをくれたのかもしれない。

そのささやかなプレゼントの代償が大き過ぎただけの話。

私は自分にそう言い聞かせた。

私は信じていた。

この街に住めば誰でも輝けるんだって・・・。

だけどそうじゃない事に気付いた。

この街に越して来て1年ちょっと。

今の私は全く輝いてなんかいない。

そう考えるとまたちょっとだけ悲しくなった。

145
最初 前へ 142143144145146147148 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ