Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第14章 エピソード13
“お似合いのカップル”

そう表現するのが一番正しいような気がする。

寄り添う2人は誰が見てもお似合いのカップルにしか見えなかった。

私から見ても微笑ましい2人だったのに・・・。

素直にそう思えたのに・・・。

なんで私はこんなに悲しいんだろう・・・。

・・・ううん。

私はとっくにその理由に気付いている。

マサトの隣にいたのが自分じゃないからこんなに悲しいんだ。

私はマサトの隣にいたかったんだ。

自分じゃなくて他の女の子がいたから悲しいんだ。

そう認めた途端、堰を切ったように溢れ落ちる涙。

私は、マサトの事が好きなんだ。

そう気付いてももう遅い。

マサトにはあんなに綺麗な彼女がいるんだから・・・。

頬を伝う涙はコンクリートに落ち濃いシミを作っていく。

奇しくも、私がそれ自覚したのはマサトに彼女がいる事が分かった日だった。


143
最初 前へ 140141142143144145146 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ