Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第13章 エピソード12
「遊びに行ったりとかしたいなぁ・・・なんて」

「・・・」

「も・・・もちろんマサトがヒマな時で全然構わないんだけど」

「・・・」

「あ・・・あるよね!?ヒマっていうか、私と遊んでやってもいいなぁっていう時」

「・・・」

「もしかして無かったりする!?」

「・・・」

「うん・・・そうだよね・・・」

「・・・」

「マサトも色々と忙しいよね」

「・・・」

「マサトは高校生っていっても普通の高校生じゃないもんね」

「・・・」

「あの山神高校でトップ張ってるしね」

「・・・」

「うん、忙しいよね」

「・・・」

「仕方ないもんね」

「・・・」

「マサトと会えないのは寂しいんだけど」

「・・・」

「もし、奇跡的にでも時間ができたら」

「・・・なぁ、ヒナ」

時間ができたら連絡ちょうだいと言おうとした私の言葉は

突然、沈黙を破ったマサトによって遮られた。

「へ?」

突然の状況の変化ってヤツが苦手な私はすっとぼけた声を出してしまった。

しかも、声が微妙に裏返っていた。

そんな恥ずかしい声にもマサトは全くノータッチだった。

「それってあれだよな?」
123
最初 前へ 120121122123124125126 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ