Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第13章 エピソード12
「い・・・いや・・・でも・・・ほら・・・」

焦りながらも必死でアワアワと言葉を紡ごうとする私の耳に

「ヒナ」

低くて落ち着いた心地良い声が響く。

「な・・・なに!?」

「俺が迎えに来たら迷惑か?」

真剣な眼差しのマサト。

「・・・」

「ヒナ?」

「・・・全然迷惑なんかじゃないよ。でも・・・」

「でも?」

「・・・マサトが大変だし」

「俺?」

「うん。ほら、マサトには学校があるんだしこんなに遅い時間に迎えにきてもらってたら寝不足になっちゃって、授業中とかに眠くなったら困るでしょ?」

「・・・」

「そ・・・それにバイト先から家まではそんなに遠くないし」

「・・・」

「た・・・確かに時間は遅いけど、ここは繁華街だから人通りも多いし」

「・・・」

「もし、万が一なにかあったら全力疾走で逃げるから」

「・・・」

「大丈夫だよ!!」

「・・・」

「・・・あっ・・・でも・・・」

「・・・?」

「マサトがお休みの前に日とかは一緒にご飯食べに行ったりとか」

「・・・」
122
最初 前へ 119120121122123124125 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ