Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第12章 エピソード12
「何時にバイト終わる?ってヤツ?」

「あぁ」

「うん、届いたよ」

「だよな?」

「うん」

「・・・ってことは、ここであったのは偶然なんかじゃねぇよな?」

「・・・」

「・・・」

「・・・」

「・・・」

「・・・あの・・・」

「ん?」

「・・・もしかして・・・」

「・・・」

「待っててくれたの?」

私の問い掛けに、マサトは「そう」とも「違う」とも言わなかった。

ただ、穏やかな優しい笑みを浮かべていた。

☆別に、マサトが「バイトが終わるのを待ってた」って言った訳じゃないんだけど

マサトの穏やかな笑みに私は単純に嬉しくなった。

ほぼ忘れかけていたモヤモヤ感がすっきりした私は

「ありがとう」

素直にその言葉を口にできた。

優しく穏やかな笑みを浮かべていたマサトの表情に新たに色が加わったような気がした。

・・・どことなく嬉しそうな気がするような・・・。

それは気持ちが弾んでいる私の気のせいだったのかもしれないけど・・・。

120
最初 前へ 117118119120121122123 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ