Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第5章 エピソード4
薄暗い路地裏。

微かにメインストリートから聞こえてくる“声”と“音”。

私の隣には、初対面にも関わらず鋭く冷たい眼で私を睨んだ男。

厳つい顔で独特の雰囲気を全身から醸し出す私とは別世界で生きている人。

逃げないといけないって分かっていたのになんで近付いたのか自分でも分からない。

もしかしたら、私は“刺激”を求めていたのかもしれない……。





「知り合いじゃないのになんでここにいるんだ?」

一見、冷たそうに感じる言葉なのに私はそう感じなかった。

それは、この人がさっきまでのような眼で私を見てなかったし、私がいて迷惑的な態度でも無かったから。

だから、私は思っている事を素直に口に出来た。

「こんな所に座り込んでいるから具合でも悪いのかと思って……」

そう言いながら私は横顔に視線を感じた。

……?

何気なく隣に視線を向けると……。

その人は無邪気な笑顔を浮かべて私を眺めていた。

……!?

この人、本当にさっきの人と同一人物!?

「心配してくれて、ありがとうな」

その眩しいくらいの笑顔に私の視線は釘付けになってしまった。

「……いいえ」

なんとか言葉を発した私。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ