Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第12章 エピソード12
マサトと一緒に食事をしたその日。

マサトが帰ってから後片づけをして、シャワーを浴び、ベッドに入った。

いつも以上にバイトは忙しかったし

怖い男の子達にカラまれて繁華街を全力疾走したりしたし

マサトと一緒にご飯を食べ、お酒を飲んだりしたし

知らなかったマサトの事もたくさん知ったし

そんないつもと違う非日常的な1日に私は自分が思う以上に疲れていたのかもしれない。

ベッドに横になった瞬間に、私は泥沼に引きずり込まれるように眠りに落ち、意識を手放した。

意識を手放す瞬間に

「ヒナ」

私の名前を呼ぶ、低くて甘いマサトの声が聞こえたような気がした。

◆◆◆◆◆

深い眠りから醒めた時、部屋の中には明るい陽が燦々と差し込んでいた。

ぐっすりと眠ったお陰で、身体はもちろん気持ちも清々しかった。

まだ視点の定まらない瞳を擦りながら、枕付近に手を延ばすと

指先に当たるのは、扱い慣れたケイタイ。

それを手に取り、液晶を覗き込んだ私は時間を確認した。

15時28分。

眠りに就くのが遅かったとはいえ、寝すぎたかもしれない。

軽く12時間近くも眠っていたらしい。

・・・寝すぎた・・・。

ベッドの上で手足を伸ばし大きな欠伸をした私は、もう1度ケイタイを覗き込んだ。

画面にはメール1件の文字。

受信ボックスを開いてみると、そのメールはマサトからだった。
112
最初 前へ 109110111112113114115 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ