Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第11章 エピソード10
「常に狙われてる」

「ね…狙われてる!?」

「あぁ」

小さく頷いたマサトが再びタバコの箱に手を伸ばす。

「それって…どういう意味?」

「山神のトップを選ぶ方法は前代からの指名制じゃない。トップを取りたいと思うなら方法は1つだ」

「…」

マサトは、手にしたタバコの箱を弄【もてあそ】ぶようにテーブルの上に角だけを着けクルクルと器用に回転させる。

「山神のトップに立ちたいなら、トップの男を潰すしかない」

そう言い放ったマサトの眼は鋭く、威圧的で…。

「…」

それは私が初めて見るマサトの眼だった。

私が知るマサトとはまるで別人のようで…。

そんなマサトに私の身体は一瞬にして固まった。

「山神のトップは常にその立場を狙われてる」

「…うん…」

「確かに、トップに立ってる時はそれなりの権力や決定権を持つ。だけど、それはいつ崩れるかも分からない不安定なものなんだ」

「…そうなんだ…」

「あぁ。だから…」

「…?」

「そんな状態で体育祭なんてしたら、乱闘騒ぎになるのは一目瞭然だろ?」

「そうだね」

「だから、山神には体育祭はない。体育祭だけじゃなくて、普通の学校だったらあるような行事もない」

「うん、それが賢明だね」

107
最初 前へ 104105106107108109110 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ