Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第11章 エピソード10
「まぁ、その女の家は母親だけしかいなくて、寛大っていうか放任っていうか…そんな親だったから娘が同棲したいって言っても対して反対はしなかったらしい」

「…」

「な?その噂は完全な噂って訳じゃねぇだろ?」

「…そうだね…じゃあ、暴走族の総長が山神の生徒のケンカを売って、負けちゃたから行方不明になったって話は…」

「…山神ではよくある話だな」

「そ…そうなんだ」

「あぁ」

「授業が自習ばかりって話は…」

「それ以前に真面目に授業を受けようとする生徒なんて山神にはいねぇ」

「…」

「…?」

「じ…じゃあ、体育祭の話は…」

「なぁ、ヒナ」

「な…なに?」

「知ってるか?」

「な…何を!?」

「山神ってさ、いくつかのチームの人間が集まってるんだ」

「チーム?」

「あぁ」

「そのチームってなんのチーム?」
「まぁ、大きく分けると暴走族やカラーギャングやストリートギャングだな」

「・・・それはかなり物騒なチームの集まりだね」

「あぁ、確かにな」

「そのチームがなに?」

「そのチームも和解しているとかじゃなくて、お互いの動向を見てて何かがあればいつでも潰しにかかろうと狙ってるんだ」

「え!? そうなの!?」

「あぁ」

「で…でも、山神には学校を占めてる“トップ”って呼ばれるリーダーみたいな人がいるんでしょ?」

「あぁ」

「よく分からないんだけど、その人がいるチームが一番強いし権力があるんじゃないの!?」

「確かに、山神にはトップがいる。でも、その座は完全なものじゃねぇーんだ」

「どういう意味?」
106
最初 前へ 103104105106107108109 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ