Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第11章 エピソード10
「…多分、合意の上じゃなかったと思う…」

「…!?」

「でも、あれだ」

「…?」

「結果的にその2人は付き合う事になったらしい」

「え!? そうなの!?」

「あぁ、多分、今は結婚してガキもいるはずだ」

マサトの言葉に私は胸を撫で下ろした。

「じゃあ、噂はやっぱり噂でしかないんだね」

グラスに手を伸ばしながら私はその言葉を口にした。

「…いや、そうでもねぇーと思う」

どことなく言い難そうにそう言ったマサトに私は伸ばしていた手を止めた。

「それってどういう意味?」

「…」

「マサト?」

「…多分…」

「うん?」

「その噂っていうのは、結果じゃなくて経緯の部分だと思う」

「経緯?」

「あぁ」

「その経緯の部分を詳しく教えてくれない?」

私の言葉にマサトは小さく頷いて言葉を紡ぎ始めた。

「さっきも言ったけど、繁華街でその先輩は他校の女に一目惚れしたんだ」

「うん」

「何が何でもその女を欲しいと思ったその先輩は友達と歩いていたその女に声を掛けた」

「うん」

「そこで1つ問題が起きたんだ」

「問題?」

「あぁ、繁華街にいる学生にとって“山神の生徒に関わるな”っていうのは暗黙の了解みたいなもんだろ?」
104
最初 前へ 101102103104105106107 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ