Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第11章 エピソード10
「うん、そうだよ」

私はきっぱりと頷いた。

その瞬間のマサトの表情を、私は絶対に忘れないと思う。

まるで苦虫を噛み潰してしまったような表情を…。

マサトがそんな表情をしてしまう理由だって私にはしっかりと分かっていて…。

「…んだよ、ヒナも知ってんのかよ…」

力なく項垂れたマサトに私は苦笑いを浮かべる事しか出来なかった。

山神高校が有名な理由。

それは、山神高校にはもう1つの呼び名があるから。

不良ばかりが集う学校。

それが山神高校のもう1つの呼び名。

その呼び名は私が高校生の時からあったもの。

ううん、実際はもっとずっと前からあったんだと思う。

その呼び名も手伝ってか、今でも山神には県内からはもちろん県外からも世間から不良と呼ばれる男の子達が集まってくる。

“山神の制服を着た人とは目を合わせちゃいけない”

そんな話を私が先輩から聞いたのは中学生の頃だったと思う。

『もし、目が合ったらどうなるんですか?』

そう尋ねた私に先輩はなぜか声を潜めて教えてくれた。

『2度と家に帰れなくなる』
101
最初 前へ 9899100101102103104 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ