Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第11章 エピソード10
むしろ、私という人間に少しでも興味を持ってくれたのかもしれないと思うと少しだけ胸が弾んだ。

…実際は、私との約束を守る為だけだったと思うけど…。

「ヒナ?」

またしても自分の世界に入り込んでしまっていた私は、マサトの怪訝そうな声で我に返った。

「…あっ…」

「…?」

「多分なんだけどね」

「ん?」

「この県内に住んでいて、“山神高校”の事を知らない人はいないと思う」

「は?そうなのか?」

「うん」

「なんで?」

「だって、山神高校ってかなり有名な高校じゃん」

「有名?」

私はマサトの綺麗に整えられている右の眉が微かに上がったのを見逃さなかった。

「うん、有名」

「その有名っていうのは、やっぱりそういう意味で有名なのか?」

なんとなく言葉を濁すマサト。

だけど、私にはマサトの言いたい事がよく分かる。

だから
100
最初 前へ 979899100101102103 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ