Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第2章 失望
急用なら仕方がないと思った私は

『分かった』

と、承諾して席を立った。

アツシに駅まで送って貰い、別れたのは19時ぐらいだった。

莉央の話とも十分辻褄が合う。

それに莉央が勘違いや見間違いでこんな話をするような子じゃない事は私が一番知っている。

多分、愛菜と2人で散々悩んだ結果こうして話してくれたに違いない。

「……うん……」

小さく頷く莉央の瞳は、私を心配するように揺れていた。

「ありがとう。アツシと話してみるよ」

「うん。それがいいと思う」

私はできるだけ、莉央が心配しないようにニッコリと微笑んで見せた。

その日の放課後。

私は早速、アツシを呼び出した。

2人で向かったのは、人気のない空き教室。

「話ってなんだよ?」

教室に入るなり、アツシはいつも通り明るい口調で尋ねてきた。

「……」

そんなアツシとは対照的に私どうやって話を切り出せばいいのか分からずにいた。

「葵?」

アツシは私の異変に気付いたのか、訝しげな声を出し、立ち竦む私の顔を覗き込んできた。

「……」

「どうした?」

「……」

「なんか話があるんだろ?」

「……」
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ