Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第2章 失望
休みの日にはデートをしてみたり

そんな毎日がとても楽しくて、幸せで堪らなかった。

アツシは整った顔に高い身長。

聖鈴の制服もお洒落に着こなしていて、話し上手。

男女問わず、友達も多いし

どちらかと言えばモテる部類の人だったからクラスメイト達に羨ましがられたりもした。

だけど、楽しくて幸せな時間はそう長くは続かなかった。

もしかしたら、小さな変化はたくさんあったのかもしれないし

予兆はいろんなところに潜んでいたのかもしれない。


学校以外で会う約束をしていても、ドタキャンされる事が多くなったり

廊下で他の女の子と親しげに話している姿を見るようになったり

一緒にいる時でも、ケイタイを弄る事が多くなったり

そんなアツシの変化に気付けなかったのは私。

アツシの行動を怪しいとすら思わなかったのは

私が鈍感だったからなのか

それとも、恋愛経験が浅かった所為なのか

今でも正直、分からない。


そんな私がアツシの浮気に気付けたのは、親友である莉央の一言だった。

『アツシ先輩、昨日女の子と繁華街を歩いていたよ』

言い辛そうな莉央の言葉に私は目を丸くした。

「え?」

「昨日、アツシ先輩が他校の生徒と一緒に歩いているところを見たの」

「アツシが?」

「うん」

「女の子と?」

「うん」

「他校ってどこ?」

7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ