Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第3章 雲の上にある太陽
「み……ケンさんと海斗はどんな関係なんですか?」

歳も違う海斗とケンさん。

2人がどうして知り合いなのか……。

私にはそれが理解できなかった。

言葉は悪いかもしれないけど、ケンさんの噂は嫌って程耳にしてきた。

聖鈴中等部の入試では、神宮 蓮に続いて2位で合格したとか

テストでは中等部の頃からずっと学年のトップクラスに入っていて、未だに記録更新中とか

スポーツも万能だとか

噂は所詮噂に過ぎないけど

もし、海斗がケンさんのそういう部分を尊敬しているならいい。

……だけど、ケンさんにまつわる噂はいいものばかりじゃない。

言い方を変えるなら、ケンさんは決してスポーツ万能で優秀なだけの人じゃない。

溝下 絢は神宮 蓮がトップを務めるB-BRANDのNO.2だ。

短気で傍若無人。

敵だと認識した相手には冷酷非道。

笑いながら人を殴れる。

そんな人らしい。

今、目の前にいるケンさんからは決して想像できないけど

そういう噂があるってことは、私が知らない一面が少なからずあるってこと。

だからこそ、海斗との関係が気になる。

もしかしたら、海斗をそういう道に引き込もうとしているのかもしれない。

人を疑うのはいけない事だけど

私にはそんな疑念が少なからずあった。

「関係って?」

「どうして、大学生のケンさんが中学生の海斗と一緒にいるのかと思って」

言葉を選んで言った割には、結果として失礼な聞き方になってしまった。

こんな聞き方をして、ケンさんが怒り出すんじゃないかと私は内心ヒヤヒヤしていた。

31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ