Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第2章 失望
週末の夕方のファストフード店。

満席に近い店内はたくさんの人で賑わっていた。

歩き出すと、すぐ近くの席にいた人達が数人視線を向けている事に気付いた。

話を聞かれていたんだと思うと、心の中に渦巻いている怒りに加えて羞恥心まで湧き上がってきた。

それが私の足の動きを速める。


開いた自動ドアを潜り、外に出て数メートル進んだ私は漸く速度を緩めた。

クーラーの効いた店内とは違い、外に出ると湿気を帯びた空気が私の身体を包み込む。

たくさんの人が行き交う繁華街。

私は行き交う人たちの邪魔にならないように道端により静かに足を止めた。

ゆっくり後ろを振り返ってみる。

……追いかけてさえこない……。

私の口からは小さな溜息が零れ落ちた。

私は、再び正面に向き直ると歩き始めた。

アツシとこんなケンカをするのはもう何度目だろう……。

ケンカをした後に、アツシが私を追って来なくなったのはいつからだろう?

どんなに考えてみてもその答えを見つける事は出来ない。

真横を通り過ぎるカップルが鬱陶しく思えた。

身体を寄せあい、仲睦まじそうな雰囲気を醸し出す若い男女の姿に私の心は一層、重くなった。




3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ