Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第3章 雲の上にある太陽
溝下 絢の言葉に私も驚いた。

……この人は、何を言っているんだろう?

もしかして、自分がどれだけ有名なのか知らないのだろうか?

……。

……。

ま……まさか……ねぇ?

だけど

「ケンさん」

「ん?」

「聖鈴の生徒でケンさんの事を知らないヤツなんていませんよ」

苦笑気味の海斗の様子から察すると、あながち私の考えは間違っていないのかもしれない。

その証拠に

「は?そうなのか?」

溝下 絢は心底不思議そうな声を出した。

「そうですよ。 ケンさんは蓮さんと並んで聖鈴の2トップじゃないですか」

「おいおい、海斗。 そりゃ褒め過ぎだろ。俺達はそんな立派なもんじゃねぇーよ」

照れ隠しなのか、銀色の髪をガシガシと掻く溝下 絢。

「いや、十分立派ですよ。俺、ケンさんの事すげぇ尊敬してますから」

そんな溝下 絢をキラキラと尊敬の眼差しで見つめる海斗。

「そんな煽てても焼肉ぐらいしか奢ってやらねぇーぞ」

……はい?

焼肉?

「マジっすか?ありがとうございます」

え?

海斗?

そこは、お礼を言うところじゃなくて突っ込むところなんじゃ……。

29
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ