Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第3章 雲の上にある太陽
「男に免疫がない?」

「……」

「そんなことねえーよな?J

「……」

そこは全然スルーしてもらって構わないところなのに、溝下 絢は食い付いてくるし……。

「こんなに可愛いんだからモテるだろうし、ってことは免疫だってあるだろ」

「……」

ガラにもなく気まで遣って社交辞令まで言ってくれたりする。

本当なら社交辞令でも、褒められたら嬉しいんだけど、こんな完璧な容姿を持った人に言われても全く嬉しくないっていうか

寧ろ、はっきりと本当のことを言って貰った方がいいような気さえする。

なんだか、余計に惨めな感じになってしまった私は

「……すみません……」

一応、謝ってから溝下 絢の胸辺りを軽く押して離れた。

意外にも私の身体に巻き付いていた長い腕も、溝下 絢との距離も簡単に離れた。

適度な距離を確保できた私は

「初めまして、海斗の姉の葵と言います」

溝下 絢に改めて自己紹介をした。

「あおい?」

「はい」

「あおいと海斗と……因みにもう一人の姉ちゃんの名前は?」

「“空”ですけど……」
「……“空”と“あお”と“海”か……」

「……?」

「いいじゃん」

「え?」

「うん、すげぇいい感じだ」

……何がいい感じなんだろう?

27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ