Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第14章 制裁と慈悲と罪と罰③
「アツシがそういうことしてるっていつから知ってたの」

「葵があいつと付き合い始めてしばらく経った頃」

「うん」

「見た」

「なにを?」

「繁華街であいつが他の女と歩いているところ」

「そう」

「最初はたまたま女友達と歩いているのかと思った」

「うん」

「でも、普通は女友達と腕なんて組んで歩かねぇだろ」

「そうだね」

「それにあいつは有名だったから」

「有名?」


「女にだらしねぇーって」

「そっか」

「……」

「知らなかったのは私だけか」

「あぁ」

「だから、海斗はあんなにアツシを嫌っていたんだね」

いつだったか、朝から私を迎えに来てくれたアツシに海斗はあからさまに嫌悪感を剥き出しにしていた。

あの時はその理由が分からなかったけど、今ならその理由が分かる。

「お前は男を見る目がないんだよ」

……うん。

確かにそうかもしれない。

でも、それを弟に指摘される私ってどうなんだろう……。

「てか、どうしても聞きたいことがあるんだけど」

「なに?」

「なんであの男と付き合おうと思ったんだ」

海斗に尋ねられて私は少しだけ記憶を辿った。

192
最初 前へ 189190191192193194195 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ