Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第14章 制裁と慈悲と罪と罰③
「借りることができなかったんじゃなくて、借りる勇気が無かっただけだろ」

海斗は鼻で嘲笑った。

「……そうだったんだ」

「これが真実だ」

「……」

噂は所詮、噂。

真実ではない。

海斗が言ったその言葉の意味を私は痛感した。

「で、どうする?」

「え?」

「この話を聞いてもお前はケンさんが冷酷非道な人だと思うか?」

「……それは……」

海斗の言葉に私は言葉に詰まった。

確かに噂を聞いたときは、ケンさんを悪人のように思ってしまった。

だけど、海斗の話を聞いた今は、ケンさんが悪人だなんて思わない。

全ては私の為。

それが分かっていて、ケンさんが悪人だなんて思えない。


「俺はケンさんよりもあいつの方が非道な人間だと思うけどな」

「え?」

「だってそうだろ? 彼女がいながら他の女とも……なんて、男として最低、最悪以外の何者でもねぇー
じゃん」

「……海斗」

「あ?」

「あんたはいつから知ってたの?」

「あ?」
191
最初 前へ 188189190191192193194 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ