Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第14章 制裁と慈悲と罪と罰③
「あぁ。お前を裏切ったことであいつはケンさんを敵にまわした」

「……」

「それと同時に神宮先輩もな」

「……」

「あの2人は本人だけじゃなくて親も権力を持っている」

「権力?」

「神宮先輩の親はこの繁華街を拠点に勢力を広げている神宮組の組長だし」


「……神宮組……」


「ケンさんの親父さんは敏腕の弁護士でじいちゃんは大地主だ」

「……はい!?」


「俺はまだガキだから大人の世界のことはいまいち分からねぇけど」


「う……うん」

「神宮家と溝下家を敵にまわしたらこの街では商売なんてできなくなるらしい」


「……!!」

「あいつの親父もこの話をどこからか聞いたんだろ」


「う……うん」

「こっちが仕掛ける前にしっぽを巻いて逃げ出したんだ」

「……でも……」

「あ?」

「不動産屋さんを何件もまわったけどこの街で家を借りることもできなくて、街を出て行ったって」

「そりゃあ、借りれねぇーだろうな」

「え?」

「この街の不動産屋でケンさんのじいさんと繋がりのない所なんてねぇーし」

「は!?」

190
最初 前へ 187188189190191192193 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ