Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第14章 制裁と慈悲と罪と罰③
「当たり前だろ? あのケンさんだぞ。余裕で避けられるに決まってんだろ」

「そ……そうか」

私は無意識のうちに安堵の溜息を零した。

「でも、その時にあいつの手首はイカレちまっただろうな」

「は!?」

「運が良ければ打撲、運が悪ければ骨折ってところか」

「……骨折……」

「勘違いすんじゃねーぞ。あれは正当防衛だ。それに……」

「……」


「お前と同じ痛みを与えただけだ」


「……私と?」


「お前もあいつに掴まれて手首が腫れてただろ」

「……あっ……」

「もし、ケンさんがやってなかったら俺がやってただろうし」

「……海斗……」

「んだよ?」

「よかったね」

「なにが」

「言いつけを破ったらケンさんに叱られただろうね」

「だな」

海斗の気持ちが嬉しくて目頭が熱くなる。

「それから、多分だけどあいつの顔を殴ったのはケンさんじゃなくてあいつの親父だ」

「アツシのお父さん?」

「実質、親父の会社を潰したのはあいつ自身だからな」

「……それってどういう意味?」

「ケンさんを敵にまわすってことは神宮先輩も敵にまわすってことだ」

「は?」

「説明すると長くなるけど……あの2人はすげぇ仲がいい」

「そういえばいつも一緒にいるよね? 幼馴染なんでしょ?」
189
最初 前へ 186187188189190191192 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ