Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第14章 制裁と慈悲と罪と罰③
「……提示した条件?」

「葵から別れ話を切り出されたら快諾すること」

「え? 私から?」

「ケンさんはあいつとの話が付いたら最終的にお前から別れを告げる場を作ってやるつもりだったんだ
よ」

「な……なんで?」

「そうしないとお前が前に進めねぇからって」


「……」

「ちゃんと自分で終わらせることができれば、それがどんなに辛い恋愛だったとしてもトラウマになった
りはしないって」

「……」

「今後、一切葵には関わらないこと」

「……」

「それから、お前が不快になるような話を他言しないこと」

「……」

「その条件を全て受け入れたら、今回だけは見逃してやるって」

「……」

「あいつはその条件を渋々だったけど飲んだんだ」

「え?」

「あ?」

「じゃあ、ケンさんはアツシになにもしてないの?」

「なにも?」

「暴力は振るってないの?」

「暴力?」

「うん、あの人が……アツシの話をしていた人がアツシはケンさんに殴られて顔が腫れていたって」

「ケンさんは殴ったりしてねぇーよ。寧ろどちらかといえば被害者だ」

海斗は呆れ果てたように大きな溜息を吐いた。

「被害者?」

「途中、逆上したあいつがケンさんに殴りかかったんだよ」

「え!?」

「ケンさんが穏便に済まそうとしているのを、勘違いして殴りかかったんだ」

「それで? ケンさんは大丈夫だったの?」

188
最初 前へ 185186187188189190191 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ