Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第14章 制裁と慈悲と罪と罰③
「なに?」

「知ってたんだよ」

「知ってた? 何を?」

「あいつが聖鈴を辞めたことに関する噂が高等部で流れてるって」

「は? そうなの?」

「あぁ。んで、ケンさんが中等部にその噂が流れないように手をまわしたんだ」

「手をまわした!? それってどういうこと!?」

「どういうってそのまんまの意味だけど」

さらりと言い放った海斗を私は唖然と見つめる。

「はっ!? そのままって……そんなこと普通にできるの!?」

「普通はできねぇーよ」

「だよね!?」

「あぁ、普通はな」

「……!?」

「普通はできない。でも、ケンさんならそれができる」

「……」

私は驚きを隠せなかった。

でも、妙に納得ができた。


それと同時に浮かんできたのは1つの疑問だった。


「……なんで?」

「あ?」

「なんで、ケンさんはそんなことをしたの?」


「そんなの決まってるだろ」


「え?」

「お前の為だろ」



「私の?」

「流れている噂をお前が聞けば傷付くだろ」


184
最初 前へ 181182183184185186187 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ