Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第14章 制裁と慈悲と罪と罰③
「……そうだね」

私が自分の愚かさに気付き、それを認めると海斗の表情がふと緩んだ。


「噂話になんか惑わされてんじゃねぇーよ」

ぶっきらぼうな口調ではあるものの、その声にさっきほどの冷たさはない。

「な……なんでそれが分かるの!?」


「なんでって、さっきも言っただろ。あの場にいたのは俺とケンさんとあいつだけだって」

「う……うん」

「俺やケンさんがあの時のことを口にすることはねぇ」

「……」

「そうなると、誰かに話したのはあいつってことになるだろ」


「……」

「どうせ姿を消す前に関係のあった女にぺらぺらとあることないこと話したんだろ」

「……」

「で、どこで聞いた?」


「高等部の資料室で女の人たちが話してた」

「やっぱりな……って、なんで高等部なんかに行ったんだ?」


「西田ちゃんに頼まれて」


「……」


「……?」


「……マジかよ」


海斗はガックリと力なくうなだれた。

183
最初 前へ 180181182183184185186 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ