Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第14章 制裁と慈悲と罪と罰③
「な……なに?」

「お前、ケンさんの何を見てんだ?」

「え?」


「少なくともここ最近は誰よりもケンさんの傍にいただろーが」

「……」


「そこでお前は一体、何を見ていたんだ?」

私に問う声はどこまでも低くて冷たい。

怒っているというよりは蔑まれているような印象を受ける口調


に私は自然と背筋を伸ばしていた。


「な……なにって……」


初めて見る弟の表情に、私は完全に気圧されてしまっていた。


「全部、教えてやる」


「……」

「だけど、その前に1つだけ言っておく」

「……!?」

「その辺のバカ女みてぇになってんじゃねぇーぞ」


低い声できっぱりと言い放たれた言葉は、その意味を頭が理解するよりも先に心に突き刺さり、そして鉛
のように心にのし掛かってきた。

「ど……どういう意味?」

「お前が見てんのは、本当のケンさんの姿じゃない」

「本当の姿?」

「俺は、お前が誰から何を聞いたのか知らねぇーし、ケンさんがお前に何を話したのか知らねぇ」

「……」

「だけど、これだけは言える」

「今回、ケンさんが動いたのは全てお前の為だ」

「……」

「お前が忘れちゃいけないのは、ケンさんがあいつをどうしたかじゃない」

「……」

「お前の為にケンさんが何をしてくれたかじゃねーのか?」

……確かに、海斗の言う通りだ。

なんで私は気付く事ができなかったんだろう?

どこで私は大切なことを見落としてしまったんだろう?

182
最初 前へ 179180181182183184185 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ