Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第11章 暗闇
「あぁ、男なんて所詮そういう生き物だ」

「……そうなんだ……」

「別れた女が、付き合っていた時以上に綺麗になっていたら、結構ヘコむ」

初めて知る、男の子の実態に私は唖然とした。

あんなに男の子っていう生き物が分からなくて、思い悩んでたのに……。

……本当にそんなに単純なものなんだろうか?

そんな疑念すら浮かんでくるけど

男であるケンさんがそう言うんだから

多分、そうなんだろう。

「……あの……」

「うん?」


「ケンさんもそういう経験があるんですか?」

「経験?」

「別れた女の子が付き合ってる時よりも綺麗になったりとか……いや、ケンさんはそんな経験ないですよ
ね」

「あぁ、ねぇーな」

きっぱりと断言したケンさん。



「……ですよね……」

我ながら、バカな質問をしてしまったと妙に納得してしまった瞬間

「だって俺、女と付き合った事なんかねぇーし」

「……は!?」

耳を疑うような言葉が聞こえた。


140
最初 前へ 137138139140141142143 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ