Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第11章 暗闇
「任せろ」

そう言ったケンさんの声音はとても力強く

その口調はとても優しく……そして頼りがいのあるものだった。



零れ落ちた一滴の涙はまるでそれが引き金になったかのように

次々に涙の粒を呼び

溢れ、零れ落ちていく。



視界は完全に歪みボヤけた。



ずっと1人部屋に篭り

孤独を感じながら泣いていた時と違い

今は安心感に満ちている事を実感できた。

「今は思う存分泣いていい」

「……」

「だけど、お前があいつの為に泣くのは今日で最後だ」

「……」

「思う存分泣いて気が済んだら、ちゃんと飯を食ってちゃんと寝ろ」

「……」

「あいつに『俺と別れても全然平気なのか』って」

「……」

「『寧ろ、俺と別れてからの方がイキイキとしてんじゃねぇーのか』って」

「……」



「葵にも意地があるなら」

「……」

「あいつにそのくらい思わせろ」

「……」

「そんなにやつれて、真っ青な顔をしてたら、結局はあいつを『やっぱ、葵は俺がいねぇーとダメなん
だ』って有頂天にさせるだけだ」

「……そうなの?」
139
最初 前へ 136137138139140141142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ