Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第11章 暗闇
“彼女”として私に足りないもの。

……浮気相手の女の子にはあって、私には無いもの……。

それがアツシを浮気に走らせているんじゃないかとも思っていた。

恋愛経験がないから……。

他の女の子にはあって自分には無いものがあるのかもしれない……。

そんな想いが私の罪悪感を助長させていたのも事実で……。

思い悩んでいた私にとってケンさんの言葉は救いの言葉だった。

「一度、こっちからはきちんと話をしてんだ」

「……」

「筋はちゃんと通している」

「あとの事は俺に任せろ」

「……ケンさんに?」

「あぁ」

「俺がきっちりカタを着けてやる」

「……でも……」

ケンさんの有難い申し出を素直に受け入れる事ができない私に

「……お前……マジで頑固だな」

ケンさんは額に手を当てると大袈裟に溜息を吐いて見せた。

「……」

「大体、そんな真っ青な顔でこれ以上どう頑張るって言うんだ?」

「……え!? そんなに私、青白い顔してる!?」

私は慌てて頬を両手で覆った。

「あぁ、別人みたいに真っ青だ」

「……!!」

「しかも、自分では気付いてねぇ―かもしれねぇーけど」

「……?」

137
最初 前へ 134135136137138139140 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ