Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第11章 暗闇
「こうなる原因を作ったのはあいつだ」

「……」

「葵は決意するまでに十分悩みもしたし、あいつに対して誠実であり続けようとしただろ?」

……そう言われてみればそうだ。

アツシと付き合っている間

私は何度も1人で悩んだし

何度も1人泣いた。

何度裏切られても、出来る限り信じ続けようとしたし

あの日、自分の目でその現場を目撃するまではただひたすらこの恋愛を……

アツシとの関係を守ろうとしていた。

だからケンさんの問い掛けに私は自信を持ってこう答える事ができる。

「……うん……」

「だったらもういいんじゃないか?」

「……?」

「これ以上、1人で頑張らなくてもいい」

「……頑張らなくていい?」

「あぁ、今まで十分頑張って来たんだからこれ以上頑張らなくていい」

ケンさんのその言葉に張り続けていた気持ちがフッと緩んだ気がした。

ズッシリと重かった心が少しだけ軽くなったような気がした。

その一言に救われたような気がした。

自分からアツシに別れを切り出したことに罪悪感が全くなかった訳じゃない。

寧ろ、今まで他の女の子と浮気をしながらも絶対に別れを切り出してこなかったアツシに対して、自分から別れを切り出した事に多少なりとも私は罪悪感を覚えていた。

それに私が別れを決意したのはアツシの浮気が原因だったけど

アツシが浮気をする原因を作っていたのは私じゃないかと心のどこかで思っていた。

136
最初 前へ 133134135136137138139 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ