Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第11章 暗闇
「……」

「なんで頼ろうとしねぇ?」

「……」

「あの時、言ったよな?『困った事があったら連絡して来い』って」

「……」

「あの言葉を社交辞令とでも思ったのか?」

「……」

「それとも、俺に頼るのは嫌か?」

「……う……」

「あ?」

「違う。そんなんじゃない」

「……」

「……これは私とアツシとの問題で」

「……」

「私達が望んで始めた関係なんだから最後まで自分達だけでどうにかしなきゃっていうか……」

「……」

「別れ話で揉めて、それを人に相談するのはどうかと思うし」

「……」

「ましてや巻き込んでしまえば迷惑を掛けちゃうって分かっていて相談なんて出来ないし……」

「……」

「だから、ケンさんの言葉を社交辞令だと思っていた訳でも、ケンさんに頼るのが嫌って訳でもなくて」

言葉を紡ぎながらも私はケンさんからちょっとずつ視線を逸らし、いつの間にか自分の膝辺りを見つめて
いた。

あまりにもまっすぐに私を見つめるケンさんの瞳は、なんだか私の心を見透かしてしまいそうで……。

私の本心にまで気付かれてしまいそうな気がして、無意識のうちに視線を逸らしてしまっていた。

そんな私の耳に落ちてきたのは、溜息のような吐息。
134
最初 前へ 131132133134135136137 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ