Pure Heart~葵とケンの物語~
Pure Heart~葵とケンの物語~

お礼2
発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:Pure Heart~葵とケンの物語~

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 17:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
Pure Heart~葵とケンの物語~ 第11章 暗闇

「じゃあ、聞くけど」

「……?」

「あいつとはどうなった?」

「あいつ?」

「お前が付き合っていた男……アツシだったか?」

「……」

“アツシ”

その名前を聞いただけで私の身体はビクッと跳ねた。

「別れる為に話はしたんだろ?」

「……うん」

「あいつはそれを受け入れたか?」

「……ううん」

「……だろうな」

「え?」

「うん?」

「なんで?」

「あ?」

「なんで分かるの?」

「なにが?」

「アツシが別れ話を受け入れてくれないってことを……」

「なんとなく」

「なんとなく?」

「あぁ、そんな予感がしていた」

「予感!?」

「確信があったわけじゃねぇーけど、すんなりと事が運ぶとも思っていなかった」

「……」

「だから、番号とアドレスを教えておいたんだ」

「……」

「……なぁ、葵」

「……はい」

「お前、今すげぇ困ってんじゃねぇーのか?」

「……」

「飯も喰えねぇくらい悩んでるんじゃねぇーのか?」
133
最初 前へ 130131132133134135136 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ